アフェリエイト

Google AdSense


最近のトラックバック

« VAIO type U | トップページ | 到着! »

2006年5月27日 (土)

沼津 魚がし鮨

ヨドバシの横浜店のに行ってきた。
回転寿司ではないが、カウンターにあるタッチパネルから注文する方式。
以下のような感想を持った。
(利点)

  • ネタが新鮮…回転寿司と違い、注文が来てからにぎるので、当然といえば当然か。
  • 回らないのに、1カンずつの価格が明瞭。
  • それまで食べた、合計金額が分かり、懐具合と相談しながら食べられる。
  • ネタ切れも正確に表示されるので、無駄なやりとりをしなくていい。
  • タッチパネルで注文を効率化しているのか、回らない寿司なのにとにかく安い。

(難点)

  • 操作を覚えるまでちょっと面倒…せっかく高い大トロを頼んで、あぶって欲しかったのに、操作を間違えてそのまま出された。(涙)
  • なんかコミュニケーションが微妙…完全なカウンターの高給寿司なら、割り切って気合い入れて知っているネタを頼むのだろうし、回転寿司ならネタが豊富に回っていれば、無言で黙々と食べられるが、パネル方式だと、板前さんが、「今日は~がオススメですよ!」と威勢よく言って、それを聞いて誰かが無言でタッチパネルで注文すると、「へいっ!注文ありがとうございます」と、基本的に板前さん一人がずっとしゃべり続けている。向こうは向こうでやりづらいのでは、と、思ってしまう。
  • 上記に関連して客は客で、なんかゲーム感覚でタッチパネルでネタを選んでいるのに、そのネタを出すとき板前さんが「このネタはこのぐらいの大きさの魚なんですよ」と、気さくに話しかけてきてくれると、逆に気まずい。(笑)

結論:回転寿司より鮮度がいいので、若干緊張するが、また行きたいと思った。

« VAIO type U | トップページ | 到着! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼津 魚がし鮨:

» Google []
Google news and reviews [続きを読む]

« VAIO type U | トップページ | 到着! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ