アフェリエイト

Google AdSense


最近のトラックバック

« 腰痛…… | トップページ | 爆睡 »

2007年2月17日 (土)

PCリカバリやらVmwareやら

VGN-U90Sを購入した結果、PCG-U101が余ったので友達に売ることにした。

その際に必要となるのはリカバリ。昔買ったPCGA-DVD51/A を実家に置いてきていたのでなんとか純正ドライブ以外を使ってリカバリできないか検討。

その際に思いついたのがネットワーク経由でのブート/インストール。

U101のBIOSがどうやらネットワークブートに対応しているようなので、何とかならないものか考えているうちに、WindowsServerの機能であるRIS(Remote Installation Services)が必要なことが判明。……無理だ。

さらにさらに詳しい人のご助言により、それをLinuxで実現するためのソフトがあることが分かった

Linuxがすぐに使えて、CD(DVD)-ROMドライブ付きをすぐに実現するためには、普段使っているデスクトップPC(WindowsXP)にVmwareをインストールすることを思いついた。

が、私の手持ちのVmware Ver.3ではPAEとやらの物理アドレスを拡張したシステムには対応していないことが判明。(涙)

Vmwareのバージョンアップも考えたが、Ver.3以前からは新規購入しか手段がなく、結局苦労してもVAIO純正のDVDドライブを買うのと大して変わらない価格となる。

まぁ最新版のVmwareには興味があるのでそれはそれで別途継続して導入を検討するが、とりあえず今回は断念。何せWindowsのネットワークブートはそれ自体が技術的にハードルが高そうで、長期戦が予想されるし。

ちなみにVGN-U90Sに関しては、純正以外でもリカバリ可能なようだ

中には1万円以下のドライブもあるし、ポートリプリケータなしでも使えるUSBにも対応しているようなので、こういうページを作ってくれる人がいて本当に助かる。

« 腰痛…… | トップページ | 爆睡 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCリカバリやらVmwareやら:

« 腰痛…… | トップページ | 爆睡 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ