アフェリエイト

Google AdSense


最近のトラックバック

« モニタの電源 | トップページ | VAIO type P購入 »

2009年1月17日 (土)

E:62:10

新しく買ったVAIOを撮影していたら、突然DSC-T9 から異音が……。

ずっと、「ギリギリ、ギリギリ…」という音を出して、カメラの液晶部分が焦点が合っていない状態が続く。

でも撮影自体は問題なく行える。

そのうち、音がやんだと思ったら、画面には「E:62:10」という謎の文字が……。

調べてみると、カメラのレンズ内に埃が入った というエラーらしい。検索したら結構引っかかったので、メジャーなトラブルらしい。

購入してから相当経つし、期限も切れているだろうと思い、昔のメールを探して購入履歴を確認。

某PCショップの「延長保証」の案内があった。

おや?これはもしかしたらただで修理できるかも。

慌てて保証書を引っ張り出してきたら、なんと有効期限が、去年の12月6日……。(涙)

ソニータイマーは他店の延長保証まで見越して発動するぐらい優れたタイマーであることを実感してしまった。

せっかくだからちょっと興味があったDSC-G3 を買う手もあったが、いかんせんVAIO type Pを買ったばかりだ。あまりにも短期間で散財しすぎている。

ということで、上記の口コミサイトをさらにしたにスクロールしてみていくと、「直し方」が書いてった。

要するにとある条件で、たたきつけるらしい。

やってみた。確かに直った。

まるで昔のテレビをたたいて直したようなノリである。

どうやら手ぶれ補正機能のモーターか何かがずれてしまったようだ。

ただ、直ったと言っても、また再発したり、以前より挙動がおかしくなったりと、いずれ壊れる運命らしい。

こうなると、次もサイバーショットにするべきかどうか悩ましいところである。

« モニタの電源 | トップページ | VAIO type P購入 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E:62:10:

« モニタの電源 | トップページ | VAIO type P購入 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ